2006年08月10日

竜串の海

竜串湾内海中展望塔近くで4月25日撮影の2種類のサンゴの白化現象です。(海水温度18,5度)
下の写真中央にミドリイシ、左上桃色の塊に見えるのがハナヤサイ、です。(拡大しないと分かりません。)
写真で表現するのはなかなか難しい物があります。

06.04.25 018.jpg

下の写真、ハナヤサイで桃色に写っていますが、これ位の色のハナヤサイは竜串湾内、竜串湾外にもたくさんあります。

06.04.25 016.jpg

下の写真、ミドリイシで白化しています。海水温度18,5度です。

06.04.25 017.jpg

上記2枚の写真を見て分かると思いますが、サンゴのポリプ(イソギンチャク)が白くなっています。白化は2ヶ月くらい続きますが死なずに回復します。残り3回で回復までの写真を掲載します。12日に続く。


posted by 仏のタキモト at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック