2007年07月15日

見残しの地蔵さん

私がここに何時から鎮座しているのか分からないが昔から避難港として使われていた。ここの海底には日用品の欠片が落ちている。
昔から私の近くで炭を焼く人達もいたし、すぐ傍には橘の木もあって子供たちがその実を採って食べていた。今は橘の木も枯れて無くなってしまった。
台風で海が荒れ出したら竜串から伝馬船を出してこの見残し湾でボラを釣っていたこともある。
地元ではここを「地蔵さんの谷」と言っている。

2007.7.15.minokosi 004.jpg

私がここに鎮座してから長い間見ている風景です。
象の鼻も昔はもっと長かった。
以前は砂がもっとあって岩がこれ程出ていなかった。


2007.7.15.minokosi 007.jpg


posted by 仏のタキモト at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック